サポート事例

  • 競合会社に転職しようとしている社員を阻止したい。

社員が競合会社に転職しようとしているという情報を入手しました。
本人になんとか転職をとどまってもらいたいと話したのですが社員からは「転職は自分の自由だ」といって聞き入れてくれません。
何かいい方法はないでしょうか?

競業避止契約の整備により一定の拘束力を持たせることは可能です。

そもそも労働者には職業選択の自由という憲法に保障された権利があります。
したがって、原則的には競合会社に限らずどの仕事を選択するかは労働者の自由ということになります。 しかし、無秩序な転職を認めてしまうと会社としては機密情報の漏洩や、顧客との関係を侵害されるといったリスクが生じる可能性があります。

そこで、判例上では当事者間で合意特約を結んでいる場合に限り、退職後の競合会社転職の制限を一定程度認めることにしています。
とはいえ、この特約を有効化するためには、退職後の短期間に限ること、制限に対する代償措置がなされていること、地域その他限定的な特約であること、職業選択の自由との均衡に配慮すること、といった諸条件があります。
したがって、実務上は単純に制限をかけるだけではなく、特約の結び方、内容等に十分に配慮する必要があるのです。

ご質問のケースでは残念ながら、既に起きてしまっていることですので、特約の無い状態では転職を制限することはできません。
今後同じことが起きないように労務整備しておく必要があるでしょう。

ちなみに、就業規則で競業避止義務を規定している例もありますが、実質上はこの特約は退職後の身の振り方に関することですから就業規則の規定だけでは不十分です。
別途特約を結ぶよう調整する必要があります。
また、この件に関する裁判例は必ずしも傾向が一定ではありません。競業避止が認められることもあれば全く認められないこともあります。

ある意味非常に難易度の高い労務問題といえますので、専門家の力を借りて十分に対応を検討しておく必要があるでしょう。

サポート事例

その他、労働者とのトラブルについてのご相談、ご質問など、労働問題の専門家である特定社会保険労務士が回答いたします。 お気軽にお問い合わせください。

就業規則作成に関するご質問やお見積り、労務関係のご相談など、お気軽にご相談下さい。

ご相談やお見積りはこちらからご連絡ください。03-6280-8725 土日・祝日を除く9:00~18:00 無料相談お問い合せ

ページの先頭へ戻る

(C) 2006-2017  ST-WORKS All rights reserved.