サポート事例

  • 無断欠勤の挙句、連絡がつかない社員にはどのように対処すればよいでしょうか?

ある社員が無断欠勤を続けた挙句に、失踪してしまいました。
全く連絡がつかないため困っています。
当社としては解雇にしたいと思うのですが、連絡がつかないので解雇予告もできない状態です。今後の対応はどうすればよいのでしょうか?

一定の無断欠勤期間が続いた時点で退職の
申し出があったものとみなす

通常、無断欠勤が続いた場合には懲戒解雇が視野に入ってくると思いますが、
解雇は要件整備が難しいので会社としてはできるだけ避けておきたいところです。
ましてや失踪してしまった社員に対しては連絡がつかないわけですから実際には解雇手続きに入ることすらできない場合が多いでしょう。

そこで就業規則において、一定の無断欠勤期間が続いた時点で退職の申し出があったものとみなすように規定しておきます。
こうすることで、無断欠勤期間が規定に達した時点で自動退職となり退職手続きに入ることができるようになります。
ちなみに、この一定期間は一般的に14日間で規定することが多いようです。
理由は民法上の「雇用は解約の申込から14日間で終了する」という規定に由来していると思われます。

最近はこうしたトラブルも増えています。
不測の事態に備え、就業規則においてこうした条件付退職システムを入れておけば、解雇処理で悩むこともなくなるでしょう。

サポート事例

その他、労働者とのトラブルについてのご相談、ご質問など、労働問題の専門家である特定社会保険労務士が回答いたします。 お気軽にお問い合わせください。

就業規則作成に関するご質問やお見積り、労務関係のご相談など、お気軽にご相談下さい。

ご相談やお見積りはこちらからご連絡ください。03-6280-8725 土日・祝日を除く9:00~18:00 無料相談お問い合せ

ページの先頭へ戻る

(C) 2006-2017  ST-WORKS All rights reserved.